3大カメラ経験者は語る

胃カメラ、大腸カメラとはいうのに、膀胱カメラといわないのはなぜだろう。
膀胱鏡としか、ぼかぁ聞いたことがないのだが。
同様に、内視鏡とはいっても内視カメラといわないのはなぜか。
三大カメラ経験者としては名称の統一を望みたいところではある。

というわけで、半年ぶりの膀胱鏡検査。
チンコの先からカメラを挿入し膀胱内を見て回る、痛し恥ずかし恐ろし検査。
しかしながら、ガンのありやなしやが一目瞭然。

患者であるところのぼくの下半身はカーテンの向こう。
そこでドクターはカメラを操り、ナースはチンコを支えている。
支えているんだと思う。つまんでいるといった方がいいのかもしれないが。
麻酔のせいでそのあたりの感覚は曖昧だ。

そんな状態で聞くのだ。
「はい、終わりました。問題ありません」というドクターの声を。
歯医者で大口開けて「あうあう」と返事するのもなんだかアレだが、
下半身を他人に委ねたまま「ありがとうございました」というのも感無量。

ともあれ、ぼくのガンは再発しておらず、
先だって行われていたCTスキャンによって転移もないことが知らされた。
幸いだ。ラッキーだ。祝ってくれてもいいぞ。ふははは。

その他、ざっと9月の出来事をば。
「カメラを止めるな!」を笑って観終えた。
テレビが壊れた。1週間妙な画面を見た後、買い換えた。
スマホの機種を変更した。4年ぶり。というか、初めて。
ついでにドコモ光を引いた。引かされた。口車に乗せられた。
そのどさくさでハングルの授業を1回休んだ。
つらい選択ではあった。

カテゴリー: 健康, 日常 | コメントする