クィーン観たけどマックも観たい

このところ毎週映画を観ている。
今週末もすでにチケットを買ってあるので、これで5週連続だ。
そんなに続けてなにを観ているんだという話だが、
とりたてて言うほどのものは観ていない。

というか、満額出して観たら絶対腹立つ、
つうか、そもそもなんで映画なん?
2時間ドラマで十分やんという作品もなくもない。
語るに足るのは、やっぱ「ボヘミンアン・ラプソディー」。

当時の男子がほとんどそうであったように、
ぼくはクィーンに思い入れなんてない。
夢中になっていたのは女子だけだったような気がする。
男子はもっとむさい、イーグルスなんぞが好きなのだ。
あと、ほら、フロイドとかパープルとか全盛でしたから。

それでもクィーンの、特に初期の楽曲は嫌でも覚えているわけで。
フレディー・マーキュリーのことは何こいつ、気持ち悪い奴だなと思っても、
ブライアン・メイはなんか格好いい奴だなと口には出さず感じていたり、
ロジャー・テイラーはそりゃ女子は騒ぐわなと冷ややかに納得していたわけで。

で、今だから観た映画。今だから楽しめた。
リアルタイムなら絶対観てない。「けっ」とか言ってる。言ってたはず。
それが歳月というのは偉大ですなぁ、恩讐の彼方というかなんつうか、
もうね、メンバーのそっくりぶりにうれしがってしまいましたよ、ワタシ。
本編前の20世紀フォックスのファンファーレから笑ってしまったし。

で、リクエスト。
次はフリートウッド・マックをやってくれ。
絶頂期の裏のドロドロを、そっくりさん集めてぜひ。

カテゴリー: 映画, 音楽 | コメントする