レコードをHMVに送りつける

買取りに積極的な姿勢を見せるHMVに、レコード、CD、DVDを売ってみた。
持ち込む必要がないというのがいい。
連絡すればすぐに段ボールが届き、それに詰めて送り返せばいいという。
試しにまずは100枚ほど。終活の手始めのようなもの。

高値が付いたのはやはり古いレコードで、吉田美奈子の『扉の冬』が3,024円。
細野晴臣の『トロピカル・ダンディ』が2,160円。
あがた森魚の『日本少年』、友部正人『誰もぼくの絵を描けないだろう』がどちらも1,512円。

同じ友部正人でも『どうして旅に出なかったんだ』はもっと高値が付きそうだが、
発売禁止になったこれはさすがに手放す気になれなかった。
あと、平山みき『EMISSION』が1,188円、友部正人『にんじん』は1,080円。

1,000円を超えたのはそこまでで、以下あがた森魚『乙女の儚夢』972円、
四人囃子『一触即発』、吉田美奈子『MINAKO』、友部正人『また見つけたよ』、
シカゴの4枚組ライブ『アット・カーネギーホール』がどれも864円。
その下に648円のはちみつぱい、540円のあがた森魚、432円の松原正樹、
324円の遠藤賢司、佐渡山豊、ショッキング・ブルー、216円(泣)の今剛などが続く。

過剰在庫だろうと想像しつつもK-POP中心に放出したCDは概して安く、
T-ARA918円を筆頭に、「九家の書」サントラ810円、少女時代TTS486円。
DVDはT-ARA756円、IU594円、少女時代540円といったところ。

こうして全98枚、しめて26,747円が振り込まれた。
ウハウハと使ってしまう。
高いと敬遠していたパラシュートの2014年ツアーライブDVD。
出たばっかりの和楽器バンド、武道館ライブDVD。
そして、通りすがりに目に入ったボディバッグ、しかも白。

臨時収入はあっという間に消えた。
ぼくには、しかし、自覚がある。
微力ながら日本経済を回していることの。

カテゴリー: 音楽 パーマリンク

レコードをHMVに送りつける への3件のフィードバック

  1. 茅ヶ崎在住人 のコメント:

    今日は付き添いで、茅ヶ崎から一時間半位の大病院(笑)に来ています。
    うん十年前、実母がこちらにお世話になっていたころとは違い近未来的な建物
    明るいテラス…緩和系の病棟のエレベーターなんてまるでSFの世界です。

    中にいる方々も様々 老若男女 肌の色が違う方々…みんな なにかしかの問題を
    抱えてらっしゃるんだろうになぁ
    などと一寸不思議な気持ちがします。
    まぁ 超身近な家族などは 久々にお会いした方に
    「やぁ 少し引き締まりました?なんか色も黒くなって精悍になりましたねぇ!」
    と言われ
    「ええ、ウチののダイエットもかねて昨年から○○→スポーツジム に通い始めたんですよ」
    なーんてニコニコ答えてましたが。。。実は抗がん剤で「痩せた」+「色素沈着」なだけだし(私のダイエットは全く嘘ではないですが(^^;)スポーツジムは「体力が落ちないように」だし(笑)

    一見、健康そうな方でも色々な場合もあります。
    思い込みで人様に接することなく”思いやり”と”想像する力”を持てるオバサンになりたいです♪

  2. まるこめ のコメント:

    終活。そういうこともそろそろ考えねばならないお年頃です。
    ぼかぁ、いろいろモノを溜め込んでしまっているので、それをなんとかしないといけません。
    頭の中は下流老人とか老後破産とかそんな言葉でいっぱいです。あうあう。

  3. 茅ヶ崎在住人 のコメント:

    終活の準備・・・・考え出すと恐ろしいです。
    実家で「床が抜けるからどーにかしろ」と五月蠅く言われた本の山
    (身近な家族が、その数倍持っていたので…我が家の本は一万冊強かな?)
    「入院中は暇だよね~」等と言いつつ、又増えるわけです。
    実際の入院中は、動けるならば 体力が落ちないように歩くのが得策のようですが…。身近な家族は持参したものを読み切ってしまい、点滴さんをゴロゴロ引きながらパジャマのまま一番近いブックオフ迄行ってましたね(^^;
    100円コーナーってのが、ウチらしい(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です