年末、年始、映画とか

驚くべきは年末年始の休暇があっという間に終わってしまったことではなく、
9連休もの間、ただの一度も日記を書いていないという体たらくであろう。
ぼくはそんなにも忙しいのか。あるいは書くのが嫌なのか。
そのどちらでも、たぶんない。

まー、わざわざ書くほどでもないことしかしていないというのが一番近い。
映画を2本観、鎌倉や近所の海岸に写真を撮りに行き、
部屋というか居住空間というかパソコン周りをちょいと片づけ、障子を張り替え、
初詣に行き、kinki kidsを追って大阪まで行くマダムを見送り、出迎え、そんなこんな。

映画といえば、最盛期には年間50本ほど観ていたものだ。
それが韓国語を学び始めて30本を切るようになり、
入退院を繰り返した一昨年は10本前後にまで落ちた。
昨年はかなり盛り返したが、年間何本観るかという問題ではなく、
観たいと思える作品が毎年20本はあるといいなと思う。

誰だかのプロフィールで「映画が嫌い」というのを見たことがある。
それはあれか。映画そのものが嫌いなのか。自宅でDVDも観ないのか。
テレビはどうだ。ドラマがダメでバラエティ番組ならいいとか?
それとも映画館という場所での鑑賞が嫌なのか。だったらわからなくもない。

狭い席に詰め込まれるのはぼくも嫌だ。
隣はいつまでもムシャムシャ音立ててなにかを食べ、後ろからは何度も蹴られる。
斜め前には上映中何度もスマホを開くヤツがいる。最悪だ。
2時間じっとしていられないとか、暗いのが嫌という人もいるかもしれない。
ぼくはといえば、場内の明かりが落ちて、期待と集中力が増してくる感じがけっこう好きだが。
いずれにせよ、前後左右に余裕のある座席のいいハコで、
マナーある人たちに囲まれて映画は観たいものである。

というわけで、今年になってからの1本めは「ローグ・ワン」。
敵陣に乗り込んで……そればっかりやん!

カテゴリー: 日常, 映画 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です