世間の大多数にあってぼくにない物

胆石の手術といえば、石を取りさえすればいいものだとばかり思っていた。
そんな時代も確かにあった。
ところが今や胆のうごと摘出してしまうのが当たり前なのだった。
石のせいで痛むような胆のうは、すでにろくに機能していないらしい。

胆のうがなくなるとどうなるか。
要不要にかかわらず、常に胆汁が出ている状態になってしまう。
だだ漏れなのか、じくじく染み出すのかまでは知らないが。
ともかくそのせいで術後、人によっては下痢気味になったり、
逆に便秘になったりもするらしい。

自分が胆石持ちであることはずいぶん前からわかっていた。
石があるというだけでは、しかし、問題にはならない。
誰にだって悪さをしない石のひとつやふたつあっても不思議ではないからだ。
だが、ぼくの石は数を増し、だんだん痛むようになってきた。

年に一度ぐらいの割合でそれはきた。
もちろん最初はなんの痛みだかわからない。
ただの腹痛とはちがう嫌な鈍痛。
痛いというより苦しい。いや、やっぱり痛い。
痛苦しい。ものすごく。とんでもなく。

一度覚えた独特の痛みは、二度めからはすぐにそれと知れた。
処方されていた痛み止めの座薬は幸いよく効き、
薬が切れる頃には痛みもすっかり消えていた。
このようにぼくの痛みは常に一過性のもので、
それが手術への決心を鈍らせる原因になっていた。

ところがやがて、ぼくは癌による入院・手術を二度経験し、
入院というのもそう悪いものではないなと思うに至る。
というか、そうビビるものでもないと知った。
で、一昨年の秋、ぼくは手術を決意した。

腹腔鏡手術というやつで、お腹には三つの小さな傷が残っている。
穴は四つ開けたが、ヘソ下のひとつは識別不能。
縫合されたのは一カ所のみで、それも二針ほどだった。
救急車で担ぎ込まれ緊急手術を受けた同室の胆石患者は、
事前の検査もなくお腹をばっさり切られていた。

その差だろうか、術後ぼくには痛みがまったくなかったが、
彼は常に痛み止めを要求し、咳をするのも笑うのもつらそうだった。
ぼくにはなにが嫌だったかというと、そうさなぁ、術前の浣腸?
手術そのものは全身麻酔で知ったこっちゃない世界だし、
麻酔も三度めとなると適量らしく、目覚めの気分悪さもまるでなかった。

ところでぼくが何度も入院しているこの病院は、
公立ながら医療ドラマのロケにしばしば使われていたりする。
海の見える屋上で会話しているシーンを見たことがあるが、
自分が入院してみてわかった。
そこはふだん立ち入り禁止なのだった。

カテゴリー: 健康 パーマリンク

世間の大多数にあってぼくにない物 への3件のフィードバック

  1. 茅ヶ崎在住人 のコメント:

    すみません。
    上のコメント・・・・呼ばれたんで途中で送信してしまいました。
    その後 現地から馴染みのドラッグストアの調剤薬局に処方箋をFAX→帰りに
    抗癌剤等々受け取ってきました。
    入院生活も自宅療養も色んなバージョンが有るなぁとお勉強させてもらってます。
    まるこめさんもお身体くれぐれもご自愛くださいね

    • まるこめ のコメント:

      ぼくもCTはもちろん、ガンガン音が鳴り響くMRIでさえ
      うつらうつらしてしまったことがあります。
      MRIももう最初の頃の緊張もなく慣れっこになってしまって。

      痛みで眠れないのは本当につらいですね。
      それでもほっとできる時間がどこかできっとありますよう。
      ご家族の方の平穏な時間をずっと願ってやみません。

  2. 茅ヶ崎在住人 のコメント:

    例によって・・・・茅ヶ崎から遠く離れた病院のフリースペースです。
    ここの景色も中々ですよ♪ 屋上からは不夜城新宿の夜景が見えるはずですし
    もう少ししたら周囲の桜が一斉に咲くと思われます。

    身近な家族は急に予定の入ったPETCTで爆眠してしまい。
    機械の声掛けで目覚めず、大音量のマイクで人の声で「息を大きく吸ってくださーい」と呼びかけられ やっと起きたそうです。
    最近 痛みで眠れなかったもんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です