韓国語集中講座で得てきたもの

土曜日から9連休。
月に1度の韓国語集中講座からスタート。
はじめ7、8人集まっていたのが徐々に減り、
この日は3度めのマンツーマン。
これってめっちゃ緊張する。

何がわかっていないのか先生には丸わかり。
音読が全然ついていけないことも丸わかり。
まだまだ全然だめなことを自分でも再認識。
それが、ま、日々の勉強の推進力にもなるわけだが。

今回用意されたテキストは文化探訪についてのもの。
陶磁器だとか東大門デザインプラザにはさして関心はないが、
百済の歴史やアリランには大いにそそられるものがあった。
語学というより、歴史、音楽の講義を受けているような。

百済については、これをペクチェと読ぶ程度のたしなみはある。
同様に新羅はシルラだし、高句麗はコグリョ。
いくつかの韓国時代劇のせいで、この三国時代は興味深い。
「帝王の娘 スベクヒャン」とか「善徳女王」とかぜひ観てみ。

で、アリラン。
この日初めて珍島(チンド)アリランなるものを聴き、
日本で最も知られているのが京畿道(キョンギド)で、
さらに密陽(ミリャン)を加えて3大アリランと呼ばれていることを知る。
ちなみにこれまでぼくが好きだったのは江原道(カンウォンド)。

えー、あれは3大に含まれてなかったんかーといささか落胆しながら、
帰宅後、未聴のミリャンアリランを検索してみた。
したらばなんと、思いがけなくこれが一番のツボだった。
ライブ映像で、一緒に歌ってほしいとサビの練習から始まるのだが、
この時点でもう声の素晴らしさにノックアウトされたのだった。
伸びる。響く。ぐっときた。歌い手はイ・ヂョンミ。

土曜日、ぼくは韓国語の聞き取りを集中的に勉強しに行ったはずだった。
しかるに、帰って来たらば百済の歴史や遺跡、昔習った白村江、
そしてミリャンアリランに夢中になっていたりする。
これだからおもしろい。お楽しみはまだまだずっとこれからだ。

カテゴリー: 韓国ドラマ, 韓国語, 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です