私的デジタルオーディオプレイヤー事情

MP3プレイヤーというのはそろそろ死語なのか。
音楽用にiPod、語学用にウォークマンを使っている。
そんなのスマホ1台で十分じゃんという意見はおいといて。

nano 第6世代といわれるiPod、
4センチ四方ぐらいのちっこさが気に入って、かれこれ8年使っている。
さすがに電池の持ちも悪くなってきて、次の機種を検討し始めた。
したらば、nanoの生産はとっくに終わり、今はtouchとかいうのになっていた。

しかし、それはもうぼくが求めるMP3プレイヤー専用機ではなく、
あれもできるこれもできる、でかい図体になっていた。
それこそスマホでええやん的な。

そしてウォークマンはといえばバカ高い。
ハイレゾハイレソ言われるのもなんかうざい。
そんなに音質にこだわるんだったら、そもそも圧縮なんかしない。
貧乏耳で結構だ。

というわけで、AGPTEK。
amazonで検索するとやたらヒットし、やたらレビューされている。
なしてか。デザインも悪くなく、とんでもなく安いから。
内蔵8GBで4000円でお釣りくる。ウソやろ。

すべてのレビューを読む勢いでうーむと閲覧していたら、
突如タイムセールが始まって3000円を切ってしまった。
あいや。これ、もう、悩んでる値段じゃないでしょ。
騙されても腹立てる方が間違ってる金額つうか。
ポチりましたよ、ワタシ。amazonの思う壺。

こうして手に入れたAGPTEK A16TB。
怪しい日本語のマニュアルがダメダメなのはレビュー見てわかってる。
そこに文句を言う気はない。音質だって十分だ。
しょぼいフォントも、ずっと画面見てるわけじゃないから許す。
でもなー、プレイリストが作りづらすぎ。つうか使えない。

で、実感。
iPodを制御するiTunesって実は優れものだった。
iTunesを使ってiPodでは当たり前にできることが、AGPTEKでは何一つできない。
外部ソフトを使って一手間二手間かけても追いつかない。
ハードはいいのに、ソフトだめすぎ。

ただ、まぁ、使い方は人それぞれなので、
プレイリスト? なにそれ? な人には薦めてしまおう。
でも、ぼくは今のiPod nanoを後生大事に使っていこう。
そんで、壊れた時にはバッテリー交換された中古を買うのだ。

カテゴリー: 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です