嫌いな言葉は「転移」です

10月である。
9月のあれこれを振り返るにはちょうどいい。

というのはモノも言い様というやつで、
せめて月イチ更新ぐらいはと思いつつ、
結局なにも書けずに終わった9月。
なんと恨めしいことであろうか。

実は、隔週更新ぐらいできなくてどうすると思ってる。
ぜひしたいものだと思ってる。
なのに実際は毎月更新さえままならない。なぜか。
話題、時間、やる気、才能。どれかがない。困ったものだ。

というわけで、先月に起こったことどもあれこれ。
まず映画。観たのは3本(ここまで、今年27本)。
「記憶にございません!」、「SHADOW/影武者」、「見えない目撃者」。
どれも損した、時間の無駄とは思わずにすんでめでたし。

やっと読み終えたのは瀬戸内寂聴「余白の春 金子文子」。
映画「金子文子と朴烈」に刺激されての1冊。
職場の後輩に辻村深月を薦められるもいまだ。
最近ビンボになってきたので図書館通いを考え中。

ジムへは9月ひと月で17回。
5回通った週が2度あることに驚く。
毎回、帰り道の気分がよすぎる。
行くことよりも行かないことの方に強い意志が必要になってきた。

一方、猫撮りはわずかに6回。
天気が悪いだの誰が死んでショックだのと、
あれこれ理由をつけてぼくは出かけなくてもすむが、
そんなこと言ってられない餌やりさんの尊さに改めて脱帽。

韓国語教室は今は月イチ。
第3土曜日に東戸塚まで通う。
茅ヶ崎教室時代からのメンバーがしつこく3人残っている。
ひとり欠けたらクラス消滅は必至。

そして9月のハイライト。
ガンの再発、転移がないかの検査。半年ぶり。
尿検査、CT、膀胱鏡。結果、オーライ。
おしっこはクラス1のきれいさだったと。
血尿が出てびびったのは5年前。感無量。

そういえば、好きな言葉は「情熱」だと某医師。
ぼかぁ、そうさなぁ、嫌いな言葉は「転移」です。
体言止めの多用はよくないそうなので最後ぐらい。

カテゴリー: 健康, 日常, 映画 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です