犬山日和、名古屋日和

前回更新が12月の2日。
以来、どころかそれ以前にも、書いておこうかということはいくつかあった。
いや、本当に。ただ実際には書けていないだけ。いや、本当に。二度言うが。
ぐずぐずしている間に鮮度が落ち、今さら感にとらわれてしまったのだ。

以下、旬を逃した主な日記ネタ。
東京ストロベリーパーク物語。もういつ行ったんだというぐらい昔話。
往年のラグビー少年回想録。ええ、ナンバーエイトでしたから、ワタシ。
新たに買ったMP3プレイヤーについて。ジム専用、ブルートゥース。
梅宮辰夫と「前略おふくろ様」の時代。みんな逝ってしまった。などなど。

というわけで、手遅れにならないうちに先週の旅行のことをさっさと書いて今年を終える。
年末年始、実に16連休などというとんでもないことに我が社はなってしまった。
だもんで、にわかに旅行を思い立ったのだ。犬山城。いつか行ってみたかった。
そして名古屋。神社仏閣が密集している大須が狙い。

初日、犬山は雨の予報だったが結局傘の出番はなくてラッキーだった。
天守閣は国宝。なのに、昭和に再建された城にも負ける集客力はなぜ。
隣接する神社が縁結びで有名らしく、若い女性の姿ばかりが目立つ。
というか、カップル以外に男性いないし。
明るいうちに名古屋に戻ることができたので、欲張って熱田神宮。

2日めは大須観音からスタート。
大須。ここはなかなかにカオスな一画。
やんちゃなお兄御用達な洋服屋が数軒おきにあることに驚く。
誰が着るん? どっから来るん? 疑問はつきない。
そんな商店街の中心だとか外れだとかで御朱印をもらい歩く。

ここでも明るいうちに目標達成できたので、ついでのように名古屋城。
あくまでもついでなので、周囲をぐるりと巡って終了。さすがに疲れる3万歩。
ここにきてやっと出会えた猫を愛で、ゆっくりお茶してホテルへ戻る。
名古屋駅はやたら大きく異様に人が多いので構内を移動するのも一苦労だ。

3日めは帰りの新幹線までの時間を利用して円頓寺へ。
昭和レトロといえば聞こえはいいが、見捨てられたような商店街の一画。
御朱印をいただいてしまうと時間の潰しようもなく、早々に名古屋駅に戻る。
お土産を買った後は時間まで高島屋。駅同様、人が多くて閉口したが。

オマケは、犬山でちょっとそそられたお店。

というわけで、皆様よいお年を。

カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です